秩父ナビ秩父の神社・寺院 > 札所25番・久昌寺

札所25番・久昌寺

久昌寺

札所24番から久那方面へ、左手眼下に荒川をのぞみながら
山の中腹へ進むと見えてくるのが、札所25番・久昌寺です。
久昌寺の裏手には、「古代蓮」で有名な、弁天池もあります。

駐車場から徒歩で、小さな石橋を渡って仁王門をくぐり、かすかに
湿り気を帯びた細道を登ると、見えてくるのが観音堂です。

札所25番・久昌寺の観音堂は山陰にひっそりと、つつましく建っています。
観音堂の後ろには、二段に作られたため池があり、昔この池の中に弁財天
が祀られていた事から、この池は「弁天池」と呼ばれています。

久昌寺

久昌寺の弁天池には、古代蓮が移植されており、
7月~8月には、見頃を迎えます。
池一面に広がって蓮の葉の中に、ピンクの大輪が凛として咲いている姿は
とても幻想的で、神々しいものです。

久昌寺

蓮はお釈迦様がお生まれになった花ともいいますが、古代蓮の花をみると
なるほど・・・と思いたくなるような美しい花です。

蓮の花は、開く時に「ポンッ」と音がするそうですよ、早朝に訪れ、耳を澄まして
みれば、聞こえてくるかもしれませんね。
また、札所25番・久昌寺にはこんな言い伝えもあるそうです。

久昌寺


【奥野の鬼女】

昔、欲深な女が山にこもって悪業をかさねておりました。
村人は、思い余って女を荒川に投げ入れましたが、女は一命を取り留め、
その後一人の女の子を出産しました。
生まれた女の子は、親に似ず美しい心の持ち主で、この地に観音堂を建て、
母の菩提を弔ったと伝えられています。

その観音堂が、久昌寺なのだそうです。


<住所>秩父市久那2215      

<電話>0494-23-7309

<アクセス>電車:秩父鉄道「浦山口駅」より徒歩30分

<駐車場>あり

<トイレ>あり

当サイトについてと免責事項

  • 秩父ナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

秩父ナビ メニュー

ウェブ検索&サイト内検索


Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

2007-2010 copyright(c) 秩父ナビ All Rights Reserved.