秩父ナビ秩父のお祭り > 秩父夜祭り

秩父夜祭り

秩父夜祭り

秩父夜祭りと言えば、秩父盆地最大のお祭りで、1年を締めくくる
素晴らしいお祭りです。
京都の祇園祭・岐阜の飛騨高山祭りと並ぶ日本三大曳山祭りの一つ
として全国的に有名なお祭りです。

秩父夜祭りは、別名「妙見祭」とも言われ、五穀の収穫を感謝する祭り
であったと共に、秩父名産の「絹」を売りさばく市の絹大市の為の、お祭り
だったようです。
秩父夜祭り

秩父夜祭り最大の魅力は何と言っても、二台の笠鉾・四台の屋台の曳き回しと
華麗な夜花火でしょう。
秩父夜祭り

秩父夜祭りの主役である屋台は、木製の四輪の上に、一本の釘も使わずに
部品材料を組み立て麻縄で絞めます。
前方は歌舞伎芝居を演じる舞台になっています。
歌舞伎を演ずる時には、左右に張り出し舞台をつけて、間口を広くし、
立派な小劇場に出来上がり・・・となります。

秩父夜祭り

屋台は高さ六m余・幅四m余・長さ六m余・重さ十数t余もあり、
はやし手が数名舞台下に、とび職数名が屋根の上に乗り、車体をギシギシと
きしませながら、曳き回される様子は、圧巻です。

また、笠鉾は四輪の土台の上に内陣を組み、屋根をつけそれを突き抜けるように
柱を立て、三層の花笠をさし、その上に万灯や雲形のせき台を組んで、神が
天上から降りてくる目印・よりしろとなる造りになっています。

これらの、豪華なつくりの山車が、お旅所に向かい街中を引き回されながら、
最大の難所団子坂を駆け上がる姿は、秩父の人間ならずとも、血沸き肉踊る
大興奮の秩父夜祭り一のの見せ場です。

秩父夜祭り

そして、お旅所に山車が到着する頃、豪華な仕掛け花火が、夜空に咲き誇って
いきます。七色の花びらが開いては消え、開いては消えを繰り返し、秩父夜祭りを
一層盛り上げてくれます。

【開催日】12月2日・3日

【駐車場】臨時駐車場が用意されています。(有料)

【トイレ】近隣のお店か神社など利用できます。

当サイトについてと免責事項

  • 秩父ナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

秩父ナビ メニュー

ウェブ検索&サイト内検索


Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

2007-2010 copyright(c) 秩父ナビ All Rights Reserved.