秩父ナビ秩父の神社・寺院 > 秩父神社

秩父神社

秩父神社

秩父神社は、長瀞にある宝登山(ほどさん)神社、三峰にある三峰神社
と並ぶ秩父三社の一つです。
秩父市内のほぼ中央にある柞(ははそ)の森の中に静かに鎮座しています。


約2000年の歴史がある秩父神社の建物は、天正12年(1592年)に
徳川家康により再建され(1970年に解体復元)、今も風格があり荘厳なたたずまいで、
見る者を引きつける美しい建物です。

秩父神社の社殿に施された彫刻は、日光東照宮の三猿や眠り猫で有名な
名工・左甚五郎の作品で「つなぎの龍」や「子育ての虎」など
それぞれに”いわれ”のある、美しいものがあります。
それらの意味などを知った上で、拝観するとより深く理解し興味深く見ることが
できるでしょう。

彫刻の”いわれ”を簡単に紹介します。

秩父神社

【つなぎの龍】社殿東側
彫刻のなかでも特に目を引くのが、社殿の東側にある左甚五郎作の
「つなぎの龍」である。
「その昔、夜な夜な龍が近くの沼へ水を飲みに行き、その度に嵐を起こし
田畑を台無しにしてしまうので龍を鎖でしばり付けた」という伝説が残っている。

秩父神社

【子育ての虎】
社殿正面の左側
寅年、寅の日、寅の刻生まれの徳川家康の威厳と、祭神を守護する神の使い
として左甚五郎が彫刻したと言われている。

秩父神社 秩父神社

【北辰の梟】社殿北側
体を本殿に向け頭を180度ひねり、北極星(信仰の中心)を見て一晩中起きていて
北側を見張っている。

秩父神社 秩父神社

【三匹の猿】社殿西側
日光の三猿とは逆で「よく見」「良く聞き」「よく話す」の意味があり、お元気三猿の
愛称がある。現代の情報化時代にふさわしい彫り物ではないだろうか。

秩父神社

【恵比寿様・大黒様】社殿南側
恵比寿様・大黒様の縁起の良い彫刻。

【鯉の滝登り】
黄河の上流に「龍門」と言う険しい滝があり、それを上りきった鯉の姿が”龍”に
変わると言う言い伝えがある。
「登龍門」の語源であり、難関突破して、願いが叶う縁起の良い彫刻

<住所>埼玉県秩父市番場町1-3

<アクセス>秩父鉄道「秩父駅」下車すぐ、または西武「西武秩父駅」から徒歩15分

<駐車場>あり

各種、ご祈祷あり/お宮参り・七五三・新車の安全祈願・等

7月・12月には「川瀬祭り」「秩父夜祭」などの祭事があり、普段は静かな秩父の町も、毎年沢山の人で賑わいます。

当サイトについてと免責事項

  • 秩父ナビは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

秩父ナビ メニュー

ウェブ検索&サイト内検索


Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

2007-2010 copyright(c) 秩父ナビ All Rights Reserved.